スポーツマーケティンググループ【SMG】

SMGはスポーツマーケティングをメインとした誠実で堅実な強い関係をパートナー様と構築して参りたいと考えています。

そもそもSportsスポーツの語源とは?

| 0 comments

そもそもSportsスポーツの語源とは?

Sportsとは、ラテン語のdeportareという言葉がもとになっており、「気晴らしをする」や、「楽しむ」「遊ぶ」というのが、そのもともとの意味です。

Deportareというのは、分解すれば「de portare」となります。カタカナで正しい発音に近い語を当てるならば「デポルターレ」といったところです。

Sportsの語源であるこの語のそれぞれの部分を英語に当てはめてみると「de」は「away」、そして「portare」は「carry」となりますので、これは「どこかに運び去る」というのがその語源でした。

では、これがどうしてSports、つまり「運動競技」「身体を動かす遊び」のような意味になったのでしょうか?

Sportsとは憂いを運び去る

Sports のもととなったDeportareという語は「憂いを運び去る」という意味で使われ、遊ぶ、そして休養する、楽しむ、などの意味合いを持っていたようです。それで、そのためにおこなうゲームや運動をこのように呼び、Sportsという英語のもととなったというわけです。

そもそもは、貴族階級が楽しみのためにおこなう狩猟のことをSportsと呼んでいました。それが17世紀から18世紀にかけてのことです。

そのSportsが、現在の意味に近い「ルールに従った運動競技」という意味になったのは、19世紀のことです。

このころ、キリスト教を背景として、運動を通じて人格を鍛えるという思想が流行し、そのために、ルールをきちんと定め、そのなかで成績の記録をとり、陸上競技などにみられるように、先人の記録を更新することを目標に掲げるSportsが始まったのです。

われわれが通常、日本語の会話のなかで用いる「スポーツ」という言葉は、大正時代ごろに日本に入ってきた言葉で、もちろんこの英語の「Sports」がそのもととなっています。

まとめ

Sportsとはラテン語のdeportareを語源としており、「憂いを運び去る」から派生した「休養する」「楽しむ」などがそのもともとの意味です。

コメントを残す

Required fields are marked *.