スポーツマーケティンググループ【SMG】

SMGはスポーツマーケティングをメインとした誠実で堅実な強い関係をパートナー様と構築して参りたいと考えています。

2014年11月11日
by takeshi23
0 comments

太陽光発電のメリットを知るにはシュミレーションが必須!

スポーツマーケティングでも太陽光でもシュミレーションが重要

スポーツマーケティングsportsmarketingのジャンルにおいても、もちろんシュミレーションを行うことは重要ですが、先ほどの記事でもお伝えした、スタジアムにソーラーパネルを設置するという動きが強まっているという件について追記致します。

太陽光発電シミュレーションとは?

節電効果に繋がり、かつ経済的でもある太陽光発電。

太陽光発電のメリットを調査するにあたって参考にさせて頂いたサイトはこちらです。

太陽光発電のメリットとデメリット

しかし、今自分が住んでいる地域で、いったいどれくらいの太陽光発電システムを搭載すれば、どのような効果が出るのか気になるという人もいらっしゃるでしょう。

ご自身の条件にあった具体的な効果が知りたいのであれば、太陽光発電シミュレーションを行ってみることがおすすめ。これはどのようなシミュレーションなのでしょうか。

住所などの情報を入力

太陽光発電システムを製造している各社が展開しているサービスですが、まずはご自身が住まれている場所の住所を入力します。

その後、今現状として使っている電気代を入力、また電力会社との契約内容も入力します。

その後、今後設置予定の太陽光発電システム容量を入力。またパネルの角度や方角なども一緒に記入します。

さらに生活パターンなどを入れると、お住まいの地域で、かつ予定している容量によってどれくらいの効果が出るのかが確認できます。

電気代などを予想

上記の内容を入力することによって、太陽光発電システムを搭載すると、どのようなメリットが受けられるかが分かります。

会社にもよりますが、グラフやデータによって紹介されています。

例えば毎月の予想節約電気料金や、発電電力量、年間の予想節約電気料金などもチェックできます。

さらにエコ意識が高い方を対象に、石油削減効果や二酸化炭素の削減効果、森林面積換算などを知ることが出来ます。

太陽光発電システムの設置を考えているのであれば、まずはシミュレーションを行ってみることがおすすめ。

お住まいの地域での設置すると、どの程度の効果が出るのかがグラフなどで確認することが出来ます。

様々な競技で活用されていく太陽光発電

今後様々なスポーツ競技にて電力供給されていくであろう太陽光発電。

スポーツマーケティングの経営者もシュミレーションをしっかり行って、将来のビジョンをハッキリさせる事が大事になってきます。

2014年11月10日
by takeshi23
0 comments

あらゆるスポーツ競技会場でソーラーパネル導入

スポーツ競技をソーラーパネルが支える動き

最近では地球環境問題の意識が皆さん高く、スポーツ会場、スタジアム等々の電気を、太陽光発電で賄う動きが出ています。

照明、各種機器には莫大な電力が必要で、経営陣も頭を悩ませているポイントでもあります。

その電気代をソーラーパネルで発電する事によって、コストも抑えられる上に、世の注目も集める事も出来、宣伝効果もあります。

ひとつ問題なのは、設置場所と設置角度です。

ソーラーパネルに最適な向きと設置角度

太陽光発電システムの販売価格の引き下げや補助金の支給に伴い太陽光発電を導入する方が増えてきています。

今回参考にさせて頂いたサイトは太陽光発電の専門サイトBigsolar1【太陽光発電のメリットとデメリット】です。

家庭用太陽光発電システムを導入して節電を行う方もいれば産業用太陽光発電システムで投資を行う方もいたりとユーザーごとに様々な形で使われていますが、太陽光発電システムに利用されているソーラーパネルは設置した向きと角度によって発電量が大きく変動します。

発電量を少しでもアップしたいという方は見積もりの時点で最も多くの発電量を確保できる向きと角度に設置できる構成を見つけましょう。

ソーラーパネルを設置する際最も重要となるのが方角です。

一日で最も太陽光を受けることが出来るとされている真南にソーラーパネルを設置することが出来ればそれだけで多くの発電量を確保することが出来ます。

ソーラーパネルの発電量は真南に向いた場合を基準値としており、南東や南西に設置した場合は真南の約96%の発電量、北に向いた場合は約66%の発電量になるので、ソーラーパネルを設置する際は可能な限り多くのソーラーパネルを真南か南東・南西に設置出来るようにしましょう。

ソーラーパネルを設置する際は設置角度も重要です。

最も理想的な傾斜角は30度といわれており、方角が南で角度が30度の状態を100%だとすると角度が0度になった場合は発電量は89%にまで低下します。

野外に設置する場合は自由に角度が設定できるのでそれほど問題はありませんが、住宅などの屋根に設置する場合は角度が制限されることも多いので、発電システム設置の際は角度についても細かくチェックしてみてください。

発電場所と使用場所は分ける方向で

ソーラーパネル取り付け時の理想的な方角は真南、角度は30度といわれている他の方角や角度の場合発電量は低下するので、発電システム設置の際は可能な限り真南と30度に設置できるパネルを増やすことが重要です。

スタジアムやスポーツ会場の多くは、上空から見た時に、ソーラーパネルを設置する場所がありません。

従いまして、スタジアム周りの休遊地や駐車場の一部を利用する等、発電場所を確保する事が今後の課題となりそうです。

2014年11月5日
by takeshi23
0 comments

スポーツマネジメントとは?

スポーツマネジメントとは?

スポーツの世界の主役というと、真っ先に競技をおこなう選手か思い浮かびますが、じつは、その選手を陰で支え、その競技の実施をサポートする「スポーツマネジメント」という分野の活動があります。

では、具体的にどのような活動が、このスポーツマネジメントにあたるのでしょうか?

こちらのサイトを参考下さい。
スポーツマーケティングジャパン

スポーツマネジメントとは、スポーツ団体の経営や、大会や試合などのイベントを運営したりといった活動を指します。

つまりスポーツマネジメントとは、選手や監督、そして審判などが競技を実施する以外の、試合や大会の資金の調達やその運営、そしてそのほか観客の動員やチケットの販売、宣伝などの分野のことを指すのです。

このスポーツマネジメントは、スポーツを競技そのもののみのためにあるものではなく、ひとつのビジネスとして、それにより利益を上げるための活動を指します。

このため、このスポーツマネジメントは、経営学や商学をベースとした理論にもとづいて実践されていくことになります。

それでは、このスポーツマネジメント業界に入りたいと考えた場合、具体的にどのような進路があるのでしょうか?

たとえば、スポーツチームの運営をおこなっている企業に入社したり、そして、スポーツイベントのイベンターとして活動するといったことのほかに、スポーツ用品業界に入ったりする、などの方法があります。

このような業界に入るための知識を提供する学部や学科は、多くの大学に設けられています。

名称としては、スポーツマネジメント学科や、スポーツ経営学科などがあります。

また、そのほかに、関連する業界としては、スポーツインストラクターや、個々のチームあるいは選手のマネージャーになったりなどの進路もあります。

まとめ

スポーツマネジメントとは、競技以外の団体や試合の運営などの業務のことを指します。

2014年11月5日
by takeshi23
0 comments

スポーツの祭典オリンピックについて

スポーツの祭典オリンピックについて

オリンピックは、古代ギリシャのスポーツの競技大会をもとにして、近代に国際的なスポーツの祭典として復活されたものです。

では、具体的にはどのような変遷を経て、オリンピックは現在の姿になったのでしょうか?

このオリンピックは、もとは古代ギリシャにおいて紀元前9世紀から、紀元4世紀にかけて開催されていたもので、ギリシアの各ポリスから選手が派遣されていました。

この大会はゼウスに捧げるためのもので神聖なものとみなされ、大会の開催中は、休戦期間として戦争さえも停止されたほどです。

これを「古代オリンピック」と呼びます。オリュンピアで開催されていたことから、この名が付けられました。

また、男子のみが参加を許されていましたが、これとは別に女子のみが参加し、女神ヘーラーに捧げられていた「ヘーライア」という祭典もありました。

しかし、この古代オリンピックは、優勝したものは神殿内にその像が作られたり、また、税の免除が与えられるなど、大きな特権が与えられることから、不正が横行するなど腐敗します。

ローマがギリシャを支配する時代になっても継続していましたが、皇帝ネロが自分が出場し優勝するために数々の工作をしたことから中止になります。

やがてキリスト教が国教となったことから、この古代の大会は途絶えました。
それを近代になって復活させたのがクーベルタン男爵で、第1回は1896年にギリシャで開催されています。

これ以降のオリンピックは「近代オリンピック」と呼ばれており、のちに多くの国が参加するようになりました。またその宣伝効果や、国威発揚の効果の大きさから、開催国に大きな政治的利益をもたらすこととなり、1936年のベルリン大会にはナチスドイツが大いにその宣伝効果を活用しました。

冷戦後も政治的主張の場として使われたり、1980年のモスクワ大会では、アメリカや日本などの西側諸国がボイコットをしたりといったことも行われました。
現在ではショービジネスの側面を強め、開催都市に大きな経済効果をもたらすとともに、招致合戦に絡んだ賄賂などが問題になっています。

まとめ

現代の「近代オリンピック」は、古代ギリシャで行われていた「古代オリンピック」を復活させたものです。

2014年11月5日
by takeshi23
0 comments

スポーツマーケティング【Sports marketing】へ評価について

スポーツマーケティング【Sports marketing】の評価について

Sports marketingの分野においては、単なる宣伝効果を超えた、さまざまな効果が目的とされ、それを達成シタかどうかが評価されます。

では、具体的にどのような観点によって、このsports marketingが評価されているのでしょうか?

sports marketingの代表的な例であるスポンサーシップにおいては、各企業によって、大会や試合への協賛、そして、それによる、スポーツニュースやスポーツ中継を始めとした、一連のsports関連のコンテンツへの露出がそのおもな効果として挙げられます。

そのため、そのsports marketingによるスポーツの試合において、どれほど看板の露出があったか、あるいはメディアへの露出があったかということが、主にはsports marketingの評価の基準として考えられます。

そして、それとともに、sports marketingでは、それらの露出によって、結果的に企業のブランドイメージの向上に、どれほど、どのように貢献をしたか、ということが、究極的な目的であるため、それも重要な評価の基準として考えられることになります。

また、ブランドイメージだけではなく、企業の商品の売上向上なども評価の観点として挙げられます。

そして、sports marketingにおいては、ただ売上やブランドイメージの向上にとどまらず、じつは自社の社員のモチベーションアップも企図して、さまざまな個別のsports marketingがおこなわれていることも多いのです。

そのため、そのsports marketingの具体策が、その目的にとれほど貢献したのかということも、評価の基準として取り入れられることになります。

それに関連する要素として、顧客となる企業や消費者のみならず、広く取引先の業者全般に対してそのsports marketingを通して、どれほど関係を強化できたか、なども、大事な観点となります。

また、このsports marketingの評価においても、PDSサイクルなどの手法は一般に活用されています。

まとめ

sports marketingにおいては、宣伝効果だけでなく、イメージアップや取引先との関係強化の度合いなども、評価の対象となります。

2014年11月5日
by takeshi23
0 comments

スポーツが及ぼす莫大な影響について

スポーツが及ぼす莫大な影響について

sportsはその試合結果や選手の成績などだけでなく、とくにプロスポーツや世界大会の開催などによる、経済効果もしばしば注目されています。

このsportsの経済効果は、注目の高い分野の競技や大会では、非常に莫大なものになっています。

では、具体的にどのようなことが要因となって、どういった経済効果がsportsによってもたらされるのでしょうか?

Sportsの経済効果が大きく取り上げられる機会といえば、主なものにオリンピック、パラリンピック、またサッカーワールドカップの開催地の選定が挙げられます。たとえば2020年に開催が決まった東京オリンピックでは、その経済効果が開催までの7年間で3兆円という試算もあります。

その内容としては、競技場やホテル、道路などの建設といったインフラの整備であったり、選手や関係者の宿泊、また、もちろんsportsの試合を観戦に来る一般の観客などの宿泊や、滞在の際に発生する費用なども含めた数字です。

このように、sportsは単なる娯楽の域を越えて、非常に大きな経済効果をもたらすという側面ももっているのです。

このsportsの経済効果は、正式には「経済波及効果」とも言われ、これを含めて表すこともあります。

このような一時的なイベントだけでなく、日常的に行われているプロのsportsの試合や、関連事業などでも、sportsは大きな経済効果を産んでいます。

その一例としては、試合のチケットの売上、放映権料や、また、試合の際に観客が支払う交通費や宿泊費、おみやげの費用、飲食代など多岐にわたります。

また、試合のチケットに関しては、特にJリーグの場合、シーズンチケットの売上が多く、それが安定収入の確保に貢献しているという面もあります。Jリーグの例では、あるチームの1年の経済波及効果は120億円を越えるというデータがあります。

まとめ

sportsはただ娯楽という面のみならず、その経済効果には非常に大きなものがあり、国際大会の開催や、プロスポーツの日常の試合でも、莫大な経済効果があります。

2014年11月5日
by takeshi23
0 comments

スポーツ医学とは?

スポーツ医学とは病気や怪我を未然に防ぐ事

スポーツ医学とは、sportsを行う選手などに対する医学のことで、成績をよりよく出すための身体訓練や身体の使い方、そしてそれぞれのsports特有の身体の故障への対応などを扱う医学の分野のことです。

このスポーツ医学では、どのような分野の医者が活躍しているのでしょうか?

そのため、内科医や外科医など、さまざまな分野の医者のほか、理学療法士や鍼灸師、作業療法士といった多くの分野の医学関連のプロフェッショナルが必要とされています。

また、そのほかに、選手を指導するトレーナーやコーチなどにも、このスポーツ医学の心得が必要であり、大規模なチームを構成できるsportsであるプロの野球やサッカー、またそのほかプロリーグのチームなどでは、多くの人員がこのスポーツ医学のために割かれることになります。

もちろん、このスポーツ医学をより良く実践するためには、sports業界のスタッフだけではなく、選手本人の心がけや日頃のケアも欠かせません。

Sportsにおいて、スポーツ医学がこのように、多くの分野の専門家によって担われているのは、sports中に選手の活動をさまたげる要因である怪我や病気というのは、じつに色々な原因で起こるからです。

たとえば、それは練習をする空間の気温であったり、また、sportsに向き合う心理であったりします。

また、そのほかにもちろん、筋肉の使い方、休養の取り方など、さまざまな面に関して、間違えた認識でいたり、行動をとれば、sports中に怪我や病気、そして事故を引き起こしてしまうことになります。

そのため、それら、sportsの多くの分野の関連する要素に対応するため、さまざまな種類の専門家が必要とされているのです。

まとめ

スポーツ医学とは、sportsに関わる怪我や病気の防止やケアのための医学のことで、多くの分野の専門家が動員されます。

2014年11月5日
by takeshi23
0 comments

スポーツマーケティング論について

スポーツマーケティング論とは?

スポーツマーケティング論とは、sports marketing(スポーツマーケティング)に関する論考や考察、そして理論などのことです。

このスポーツマーケティング論は、sports marketingに関わるさまざまな分野をその対象としており、sports marketingの一般的な定義から、スポーツプロダクトや、sports marketingの対象となるスポーツ消費者、そして、マーケティング・プラン、STP戦略やマーケティング・ミックスといった、多岐にわたる分野について扱っています。

このsports marketingにおいては、ただ単にマーケティングの主体である企業と消費者にとどまらず、スポーツそのものをおこなう主体である選手やその所属するチーム、そして、大会や試合を運営するスタッフや株主、そして、チームや大会そのもののスポンサーといった、多くの立場における、それぞれの利害に目を向けることが必要となっています。

そして、sports marketingにおいては、元来スポーツ産業が、形のある商品を売り買いするものではないこと、いいかえれば、無形の財をやりとりする場であるということにも、注意しなくてはならないのです。

そして、スポーツマーケティング論が大きく扱っているsports marketingの分野のひとつには、ライセンシングがあります。

ライセンシングとは一般的には、特許の使用権を第三者に提供して、その対価を得るということです。

sports marketingにおいてはこの手法が多用されており、とくに、プロスポーツにおけるチームのオーナーとなり、チーム名にその企業の名を関することや、関連商品を販売すること、また、スタジアムなど関連施設のネーミングライツを取得することも広くおこなわれています。

まとめ

スポーツマーケティングはsports marketingに関する諸事象を扱う理論や考察のことであり、その内容はsports marketingのなかのスポーツブロダクトやライセンシングなど多岐にわたります。

2014年11月5日
by takeshi23
0 comments

スポーツマーケティング【sports marketing】の定義とは?

スポーツマーケティング【sports marketing】の定義とは?

sports marketing(スポーツマーケティング)の定義は、スポーツに関連してその活発化をはかり利益を上げようとする活動、であるといえます。

では、具体的にその範囲はどこからどこまでで、どのようなものが、sports marketingとして扱われているのでしょうか?

sports marketingというのは、あくまでもスポーツそのものではなく、それをもとにした二次的な、商業上の権利を扱うということにその特徴があります。

つまり、選手が競技をおこなったりすることそのものは、sports marketingの定義には含まれない、ということです。

このsports marketingですが、細かくみていけば、スポーツの実施のためにおこなわれるsports marketingと、スポーツを利用した副産物としてのsports marketingに分けられます。

まず前者のスポーツの実施のためにおこなわれるsports marketingですが、行政や公共性の高い団体が、スポーツ振興に予算を出したり、あるいは民間のスポーツ用品メーカーが、新たな製品を開発したりといったことが、この定義にあてはまります。

そして、そのほかにも、スタジアムを経営したり、スポーツチームに出資したりすることも、このスポーツ実施のためのsports marketingといえます。

では、逆にスポーツを利用したsports marketingとは、どのようなものを指すのでしょうか?

sports marketingが本当に指す意味とは?

このスポーツを利用したsports marketingとは、スポーツ選手を自社のコマーシャルに出演させて、その広告効果を狙ったり、また、スポーツイベントを自治体が開催して、地域の活性化をはかったり、企業が実業団チームを保有して、企業のイメージの向上をはかったりといったことが挙げられます。

このように、スポーツに関連するマーケティングは、大きく2種類に分けられるのです。

まとめ

sports marketingはスポーツ実施のためのマーケティングと、スポーツを利用したマーケティングに分けられ、その活性化をはかって利益を得る活動と定義されます。

2014年11月5日
by takeshi23
0 comments

スポーツマーケティング(sports marketing)の歴史について

スポーツマーケティング(sports marketing)の歴史について

sports marketing(スポーツマーケティング)は、近代に入って古くから、大会を企業が主催したり、賞金を出したりといった形でおこなわれてきました。

sports marketingは、スポーツに関連した広告やグッズの販売、そして、放映権の販売などの営業活動を通じて、消費者のニーズを満たし、利益を上げようとする活動のことを指します。

とくに、sports marketingの代表的な活動のひとつとしては、「オフィシャルスポンサーシップ」という仕組みが挙げられます。

このオフィシャルスポンサーシップというのは、sports marketingの一種であり、広く一般的な企業、とくに大企業の広告活動の一環として、ブロスポーツ団体に投資して、そのスポーツのメディアへの露出に便乗して、広告効果を上げようとする活動のことを指します。

sports marketingは具体的には、企業が広告目的であるプロスポーツ団体やチームに投資をおこない、その試合、また、試合がテレビで放映される際に、その企業の名を関したチーム名などが露出することで、広告効果を狙うという形態のsports marketingです。

現在では、日本でも野球やサッカーをはじめ、多くのプロスポーツチームに特定の企業の名前がついていますが、その発祥は1970年代のアメリカでした。

このころ、アメリカでは公衆健康喫煙法が制定されました。その法律によって、タバコの会社がテレビやラジオによって広告をすることを禁じられてしまったために、あらたに広告を掲載できる先を探していたのです。

そして見つけたのが、スポーツスタジアムの看板による広告でした。これが、sports marketingの発祥であるといえます。

もちろん、それ以前にもスポーツの大会に賞金を出したり、あるいはスポーツの大会を主催したりといった類のsports marketingは、広く行われており、日本でも1901年におこなわれた「上野の不忍池周辺の長距離走」の大会において、賞金や賞品を出すことがおこなわれていました。

そしてそののち、マスメディアの隆盛やグッズの販売、また、選手のメディアへの露出など、sports marketingの分野はますます大きく広がっていったのです。

まとめ

sports marketingは大会の主催や賞金の供出といった形で近代に入って古くからおこなわれ、そののちアメリカでオフィシャルスポンサーシップが生まれました。